戦没者遺族の相互扶助、生活相談などを実施しています

一般財団法人広島県遺族会

広島県遺族会とは

設立

広島県遺族会は、「大東亜戦争」戦没者遺族の全国組織の一員として昭和24年8月に広島県遺族厚生連盟が発足し、昭和26年11月16日に財団法人として認可されました(昭和30年5月に財団法人 広島県遺族会に改称)。さらに平成25年4月1日付けで、一般財団法人への移行認可を受けました。

目的

県内各郡市町に遺族会があり、遺族間の交流を図ると共に、戦没者の慰霊顕彰、遺族の福祉向上を目的に、二度と戦争の被害者を出さないよう、真の世界平和を目指して活動をしています。

役員

会長代表理事
篠原 彌之
副会長
平田 修己 小西 照枝 上松 英邦
評議員
10名以上20名以内(現員 17名)
理 事
20名以上38名以内(現員 36名)
常務理事


亀井 源吉 橋本 直 栗原 信明 
河本 智登里 古川 巖 中根 律子 
廣田 昭彦 山根 榮子
監 事

3名以内(現員 3名)
野田 泰弘 川本 フジ子 本崎 克治
女性部
部長 小西 照枝  副部長 山根 榮子
青年部

部長 上松 英邦  副部長 河本 智登里
          副部長 中根 律子

事業

  • 1英霊の顕彰並びに慰霊に関する事業
  • 3遺族の生活相談に関する事業
  • 5遺族会館の管理運営に関する事業
  • 7関係官庁団体との連絡折衝に関する事業
  • 2遺族の処遇向上に関する事業
  • 4遺族相互の修養、親睦、慰藉に関する事業
  • 6機関紙の発行に関する事業
  • 8前各号の掲げる事業に附帯又は関連する事業

県遺族会は、戦没者の英霊顕彰をはじめ遺族の処遇改善運動、各種研修会の開催、遺族相談、指導業務等を行っています。

戦没者の英霊顕彰

  • 各遺族会慰霊祭、追悼式等への奉賛 協力
  • 全国戦没者追悼式団体参列
  • 沖縄「ひろしまの塔」戦没者追悼式
    団体参列
  • 遺児の慰霊友好親善事業及び戦没者
    遺骨帰還事業の推進

戦没者遺族の福祉向上

  • 遺族処遇の改善運動
    (全国大会参加、陳情)
  • 諸法規改正事項の普及指導
  • 遺族相談業務
  • 特別弔慰金受給者から寄付を募る
    (陳情運動経費に充てる)

組織活動強化事業

  • 役員等研修会、女性部研修会の開催
  • 孫曾孫会員の勧誘、青年部の活動の
    推進
  • 遺族会への入会の勧誘
  • 活動資金への寄付を依頼する

令和2年度主要行事日程

行 事年 月 日時 間場 所
沖縄「ひろしまの塔」戦没者追悼式令和2年11月9日(月)(旅行期間 11/8~11/10)沖縄「ひろしまの塔」

アクセスマップ

一般財団法人広島県遺族会

〒730-0036 広島県広島市中区袋町1-21

082-247-1216

広島県遺族会のあゆみ(平成八年発刊)